2010年11月09日

Easybotter設置方法(ざっくり)

物凄いざっくりてきとうにEasyBotterの設置方法書いてみました。
取り敢えずやってみましょうレッツトライ!


<前提条件>
・取り敢えずEasyBotter2.04betaのダウンロードは完了してる。
・OAuth認証キーは持ってる。(キャラボット鯖使ってた人は多分持ってると思うの)
・cronは使える(1個でいいです。無い人はこことか→http://gaecronclub.appspot.com/

<下準備 - 編集用ソフト>
terapadをインストールしておく。
PHPエディタをインストールしておく。
php.exeをダウンロード、PHPエディタのフォルダ内にでも解凍してください。
・PHPエディタを起動してF9を押すと「php.exeの場所を指定してください」みたいな事を言われるので、さっき解凍したフォルダの中にあるphp.exeを指定。

<下準備 - その他細々した事>
・文字コードは「UTF-8N」改行コードは「LF」←一応覚えておくこと。
・EasyBotter.phpの二行目辺りに「//文字コードはUTF-8です」と入れておく(文字化け回避策)
・合言葉は取り敢えずF9叩け。「上書き保存」→「F9」→「No syntax errors detected in 〜〜〜」というメッセージが出れば多分問題無いです。



<フォルダ構成>
Easybotter
┣ PEARフォルダ
┣ bot.php
┣ data.txt
┣ EasyBotter.php
┣ log.dat
┣ reply_pattern.php
┗ setting.php

ダウンロード当初は上記の構成になっていますね。
取り敢えず以下の手順を実行してください。

・reply_pattern.phpのコピーを作り、名前をreply_timeline.phpに変更。
・bot.phpの中の
「//$response = $eb->replyTimeline(2,"reply_pattern.php");」

「//$response = $eb->replyTimeline(2,"reply_timeline.php");」
に変更。

Easybotter
┣ PEARフォルダ
┣ bot.php
┣ data.txt
┣ EasyBotter.php
┣ log.dat
┣ reply_pattern.php
┣ reply_timeline.php
┗ setting.php

こうなりましたよね!
じゃあ次いきましょう。


<setting.php>
botのアカウント名と、OAuth認証用キーを入れてください。
それだけです。まぁ、特に説明する事も無いですね。


<bot.php>
↓取り敢えずこの3行書いとけば何とかなります。
$response = $eb->postRandom("data.txt"); 
$response = $eb->reply(2,"","reply_pattern.php");
$response = $eb->replyTimeline(2,"reply_timeline.php");

↓これはbotがフォローされた時にbotから自動的にリフォローさせたい場合は書いといてください。
$response = $eb->autoFollow();

ちなみに「2」っていう数字が二箇所ありますが、
これはcronの実行間隔と同じにしておけばいいんじゃないかと思います。
cronが30分間隔ならこれも30に書きなおしておけばいいっていう事ですね。


<ツイートとリプライ反応・TL反応の設定>
ここまできたら後はツイート内容流し込めば設定はOKです。
・通常ツイート:data.txt
・リプライ反応:reply_pattern.php
・TL反応:reply_timeline.php
この三つですね。

・通常ツイート:data.txt
※terapadで開いて編集すること。(メモ帳使うと文字コードが変わるので)
ツイート内容を一行ずつ、ずらずらっと書いておけばいいだけです。

・リプライ反応:reply_pattern.php
・TL反応:reply_timeline.php
この二つは書き方同じです。コピーしたからどちらにもサンプルが入ってますよね。それに従って書けばいいだけです。
カッコ閉じ忘れとかは随時「F9」で確認してください。
「上書き保存」→「F9」→「No syntax errors detected in 〜〜〜」というメッセージが出れば多分問題無いです。


<アップロード>
ここまできたら次はサーバーへのアップロードですね。

Easybotter
┣ PEARフォルダ
┣ bot.php
┣ data.txt
┣ EasyBotter.php
┣ log.dat (→パーミッションを666へ変更)
┣ reply_pattern.php
┣ reply_timeline.php
┗ setting.php

基本的にはlog.datのパーミッションを変えるだけでいいと思いますが、
駄目っぽかったら.phpの付くファイルを755とかにしてみたらどうですかね。
正直サーバーによって違うのでよくわからんです。


<動作テスト>
さて、お待ちかねの動作テストでございます。
bot.phpの設置URLをブラウザで開いてみてください

--------------------------------------------------------------------
Twitterへの投稿に成功しました。
@***botに投稿したメッセージ:××× http://twitter.com/***bot/status/************

2分以内に受け取った@はないようです。。
--------------------------------------------------------------------
↑こういうのが表示されたら成功です。


まぁ、リプライ反応とかも試してみてください。


<cronに登録>
動作テストがOKだったら最後にcronに登録すれば完成です。
cronに登録するのは先程テストでもアクセスしたbot.phpのURLですね。
何分おきに動作させるかとかはここで設定しましょう。

※bot.phpで設定したcronの実行間隔と齟齬が無いようにしましょうね。



<おわりに>
取り敢えず基本的な設置方法はこんな感じです。
後は、例えばリプライ・TL反応は2分間隔で通常ツイートは30分間隔にしたいとかあると思いますが、
それはbot.phpの下の方にコメントアウトで解説が書いてあると思うので見てみてください(丸投げ)

それでは皆様御機嫌よう。




みらでした(´ω`)
posted by みら at 02:02| Comment(0) | Easybotter
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]